日本一周 岐阜編(前編)〜マイナーツーリングスポットから定番観光地まで巡る〜

日本一周日記

こんにちは。こずです。

今回は日本一周15~17日目、岐阜県での旅の記録です。

この辺りは標高の高い山々に囲まれていて、私が暮らしている景色とはまったく違う世界でした。

少し走るとすぐに山の中、霧の中・・・笑

白川郷

前回の富山県五箇山に続き、合掌造り集落巡り3ヶ所目です。

前回までの旅の様子はこちら↓

岐阜県に突入!

1番有名な白川郷は規模がダントツ違いました!

町が大きい、、広すぎる、、メインストリート広い、、

圧倒的観光地感

白川郷を一望できる荻町城跡展望台に寄り道です。駐車場を探すのに手間取ってしまいました。

ここでは団体さん向けのお食事処や、記念撮影をしてくれる写真スタッフも常駐しています。

はい、ぼっち(ぶれてる泣)

さて実際に白川郷の中を散策してみましょう。ここも駐輪場を探すのに難儀しましたが、少し離れた市営駐輪場に無事たどり着きました。

この橋を渡ると町並みエリアです。

白川郷を事前に調べていて、【落人】というカフェに行きたいと決めていたので、この日はずっとご飯食べるのを我慢していました。

もちろん合掌造りで、中にいろりのある素敵な雰囲気の場所なんです。

しかし、着いた時にはもう閉まってました。

自然に溢れ豊かな暮らしをしているところの商いは、朝は開くのが遅く、夜は閉まるのが早い・・・

素晴らしい労働時間・・・

Googleマップと食べログの営業時間が違ったので、わずかな望みをかけて行ってみましたが、やっぱり閉まってたよね。

ご主人が、わざわざ遠くから来てくれたのにごめんね、といいながら、もう店じまい後のリラックスタイムに入っていました。

ちゃんと調べてきたらよかったなぁ。

ここのところ、こういうことばかりです。

下調べは大事です!

町並みの他のお店も閉まるのが早いので、残り30分くらいで名物食べ歩きをします。

五平餅初めて食べましたが、私はだめでした、、

みたらしの中に感じる独特の柑橘みたいな

すっぱい感じはなんなのでしょう。

木の棒のせい?わたしの味覚障害?

続いて飛騨牛コロッケ。

牛が入っているとちゃんと感じることができます。

美味すぎて笑みがこぼれました。( ◜ω◝ )

散策しながら、ここは確か、アニメ「ひぐらしのなく頃に」の聖地だったと思い出し、ひぐらしっぽい写真でも撮ろうかなと思ったけど、五平餅にやられて無理でしたw

代わりに面白いかかしの壁を見つけたので紛れてきました。

こずを探せ!

停めた駐車場の係のおっちゃんがいろいろと教えてくれたので助かりました。みんな親切でありがたいです。

ひるがの高原キャンプ場

白川郷散策を終え、30km程さらに南下します。

夕方18:00、ひるがの高原に到着しました。

今回は安いからというだけではなく、泊まってみたいところということでマップに印をつけていたので、満を持してのキャンプです。

ここ、とってもよかったです!

テントサイトは全て、林間の段差の上に一個一個綺麗に作ってあり、スペースもかなり広々としています。

バイクは目の前の舗装路にちゃんと置けるし、しっかり整備されていて綺麗です。

温泉はあるし、シャワールームも綺麗だし、満点はなまる!!!

これで1500円は素晴らしいです!

写真だとサバイバル感溢れますね。

ひっきりなしにひぐらしが鳴いていて、オレンジの照明も相まって、夕方からはかなり雰囲気がありました。

旅15日目のルートはこんな感じ。

富山県の日本海側から、岐阜県の中腹まで一気にくだってきました。

やまびこロード

旅16日目です。

ひるがの高原を出発し、次の目的地まで約60km南下します。

道中、やまびこロードという道を通りました。

岐阜のツーリングスポットをネットで調べると絶対出てくるので、さぞ快走路なのだろうと期待して通ってみたのですが。。。

普通の山道でした。

前日まで雨予報もあり、ツーリングスポットと言うくらいだしワインディンクがきついところもあるんだろうな、やめようかな、と迷っていました。

しかしキツいカーブも特になく、安心して通れました。

可もなく不可もなく・・・

地元の人がさっと流したいときに通るような感じなのでしょうか?

モネの池

さて最初にやってきたのはモネの池こと「名もなき池」です。

根道神社にある貯水池が、モネの睡蓮の絵画に似ているということで、日本のモネの池として有名になったらしいです。

たしかに水はかなり透明で綺麗でした。

目に映る池の色も、絵の具を溶かしたみたいな青緑色をしていて、これは映えスポット!

ハートの模様の鯉がいるらしいのですが、私は見つけられませんでした。

でも金色の鯉が泳いできてくれたので、なんだか運気アップしたような気分になりましたw

ここに来る途中、警察が道を通行止めして、盆踊りみたいなお祭りをやっていました。

傘を被った踊り子さんたちがいて、よそ見してしまい危なかったです笑

何のお祭りなんでしょう。

夏祭りの季節になってきたんだなぁ。

まだ梅雨が明けていないので、なんだか季節感覚がおかしいです。(去年は記録的梅雨入りの遅さ)

かかみがはら航空宇宙博物館

さらに40km南下し、各務原市へやってきました。もうほぼ愛知との県境です。

この辺りは都会ですね。今まで山を走っていたので別世界のようです。

下調べをしていて、楽しみにしていた航空宇宙博物館。

ナビ通りに行っても、看板通りに行っても、入口がわからず周辺をぐるぐるしていました。

おかしいなと思い調べてみると、なんとこの日は滅多にないメンテナンス休館日。。。

Googleにはもちろん書いていなかったし、公式サイトhttp://www.sorahaku.net/も疑っていてしっかり確認しないとわからない感じだったため、気づきませんでした。

悔しいし、絶対ここは楽しいと思うので、後半愛知に行ったときにリベンジすることにします!!

封鎖されてるゲート前には同じくわからずに入ってきた車が、、

と思っていたら、でっっかいバズーカみたいな望遠レンズの準備をし始めたおっちゃんが!

旅すごいねーって話しかけてくれました。

30分後に航空自衛隊の航空機がここから離陸するのを知っていて、撮りにきたそうです。休みなのはもちろん承知。

そういう楽しみ方もあるんですね。

待ってもよかったけど、航空ショーとかよく行ってるし、上手く撮れる機材もないし、ここでわざわざ見なくてもいいかな、なんて思っちゃって出発しました。

今思えば、そんなに先を急ぐことないんだから見ていけばよかったなと思います。

ほんわかしてて優しい雰囲気のおっちゃん、いい写真撮れたのかな。

代わりに空港に行っても楽しめるよと教えてくれました。

今回はおあずけ、また来るぞ各務原!!

道の駅平成

ここまでひたすらに愛知方面へ南下してきましたが、ここからはまた日本海側目指して引き返します。

約30km北に向かい走り到着したのは道の駅平成です。

元号が令和に変わる前、テレビでよくみた場所です。岐阜県だったんですね。

平成生まれとしては行っておかないとね!

ありがとう平成!

この道の駅の名物、いちごソフトクリームと平成だんごを食べました。

このあと前々から調べて印をつけていた、泊まれる道の駅という所が近くにあるため、余裕ぶっこいていたのですが。。。

泊まれる、の意味を履き違えてたことが発覚してかなり焦りました。

私は、北海道によくあるみたいに、無料の簡易宿泊所でもあると思い込んでいたのですが、道の駅の建物の中に、温泉と旅館みたいな宿泊施設も備わっていて、普通の温泉旅館よりはコスパいいよってだけのことでした。

そりゃそうだ、普通に考えたらそう、、

思考が貧乏旅人になっていて、すっかりただで寝かせてくれるところだって信じて疑いませんでしたw

ここは北海道じゃない、本州・・・・

慌てて近くの泊まれるところを探してもどこにもありません(旅人的許容範囲のお値段での話)

これはやるしかない、、、

やりたくなかったけど覚悟決めて、人生初道の駅野宿を決行しました。

温泉に入って、閉館時間まで粘ってから、強いて言えばここにテント張れそうかな、と目星を付けていた場所に、絶妙な距離でバンが停まってしまい、泣きそうでした。

めっちゃ怖かった・・・

足音とか車のドアが開く音とか、エンジン音とか、とにかくなんでも全てにびくびくしてしまってろくに眠れませんでした。

旅人さんたちは普通に道の駅野宿してるけど、すごいですよね。

旅初日に泊まった山口県のライダーハウスのおばあちゃまにも、女の子だから、建物の影とかじゃなくて、道の駅の駐車場にテント張りなさいね!と言われたことを思い出しました。

いやいや、さもそれが安全よみたいなニュアンスだけど、怖過ぎない!?!?駐車場に堂々とテント張って大丈夫なの!?

もう二度と野宿はしたくないと思いました。

(しかし日本一周で野宿なしなんて幻なのです。このあと普通にするようになりますw)

旅16日目のルートはこんな感じ。

下呂温泉

旅17日目です。

初野宿は全然寝れず、早朝に出発したこの日。曇り予報がまさかの超快晴になりました!

朝8時前に到着したのは、下呂温泉です。

着くのが早すぎて温泉街のメインストリートはまだ人もまばらで、有名な河川敷の超オープンな無料混浴温泉もお湯を張り始めたばかりでした。

しかしこの温泉街、駐車場はたくさんあるのにバイク禁止のところばかりでかなり彷徨いました。

結局、朝ごはんを買ったコンビニのおいちゃんが、本当はダメだけど、1時間くらいこの辺見て回るくらいだったらいいよ、と特別に駐輪させてくださり、無事に観光に行くことができました。ありがたいです。

温泉に入る目的じゃないと、いまいちどこを観光すればいいかわからず、とりあえず温泉まんじゅうを買って、ぶらぶらと路地を歩いてみることにしました。

温泉神社とか

かえる神社とか

何これwってなる面白い場所がどんどん見つかります。

町中に足湯があるし、ちゃんと歩いたら1日楽しめそうな場所です。

温泉博物館という看板が目に入り、気になったので行ってみました。

日本で唯一の温泉に関する博物館らしいです。

まだ開館前でしたが、外で掃除をしていた管理人のおじちゃんが早めに開けてくれました。

想像していたよりも、とても勉強になって面白かったです。

ここへ来て少し勉強してから各地の温泉に入ると面白いと思います。

地元の小中学生の温泉に関する自由研究も

たくさん置いてあって、これが読んでみると

かなりレベルが高くて面白い!

こんな研究ができるいい町に生まれてよかったね( ◜ω◝ )

博物館の中にも足湯があり、ここでは歩行湯というのが体験できます。

熱い温泉と冷水を交互にぐるぐると歩いて、血行促進するらしいです。

しかも底には大きめの石がひいてあるため、足つぼも刺激されてかなり暖まりました。

足元だけでもポカポカすると、元気になります。寝不足も少し和らいだ気がしました。

鈴蘭スカイライン

下呂温泉から飛騨高山方面へ向けて30kmほど走り、峠道に入りました。

こちらも岐阜の快走路ということで下調べしてマップに印をつけていたのですが、、、

これまた普通の山道やないかーい!!!

でも、いつの間にか標高がかなりあがっていて、たまたまみつけたこの展望台、晴れててとっても綺麗でした!

走りに来ていると思しきライダーさんもいたので、岐阜の定番ツーリングスポットに違いないのでしょうか。

当時インスタグラムに石碑とバイクの写真をあげたとき、その石碑の文字が鈴菌高原に見えることから、鈴木乗りの聖地になっています、という面白いコメントをいただいたのですが、本当ですか?笑

さてこのあとはまた30kmほど走り、飛騨高山へ向かいますが、続きはまた次回!

このあと予定外の濃い経験をすることになります。

人生初!突然の3000m級登山!

そんなわけで、かなり思い出深いので、まだまだ書きたいことがたくさんあるのです。

岐阜県での出来事はとても印象に残っています。素敵な経験をさせてくれてありがとう岐阜県。

という訳で、後編へ続く☆

コメント

  1. いやあたのしいブログありがとうございます♬
    いっきによんでしまいました たいしたもんですね
    つぎのたびだちへのいいふりかえりにもなりますね
    つぎのきじもたのしみにしています☆☆☆

  2. 匿名 より:

    面白い!
    突発的に明日から日本一周しようかと思い
    調べていたらブログに辿り着きました!
    こんな美人さんがバイクで日本一周してるなんて!読んでいて楽しい気分になりました♪
    ありがとう

タイトルとURLをコピーしました