日本一周 岐阜編(後編)~標高3000mの世界~

日本一周日記

こんにちは。こずです。

今日は、日本一周 岐阜編の続きです。

岐阜県での出来事が濃すぎて、1記事では書ききれませんでした!

前回までの旅の様子はこちら↓

飛騨高山古い町並み/宮川朝市

鈴蘭高原の展望台からさらに30km。

飛騨高山の風情ある、古い町並み地区に到着しました。

町並みの一角にある宮川朝市は、着いた時にはちょうどみんな店閉まいを始めていました。

なんとか滑り込めないかと頑張って急いでみたのですが、ここもまた2輪を停める場所がなく迷っているうちに、間に合いませんでした。無念です。

とりあえず往復歩いて雰囲気だけ感じました。

気を取り直して、目の前の古い町並み地区へ。

風情抜群です!

古い町並みではちょっと贅沢をしました。

名物の飛騨牛串と飛騨牛寿司!

えびせんの上にのせるという不思議な食べ方です。

こんな風にお寿司を食べ歩き感覚で気軽に食せるのもまた楽しい気分になりますね。

とっても美味しかったです。

このあとは飛騨民族村に行って観光は終わり、翌日早朝から乗鞍岳と新穂高ロープウェーにいく、

というつもりだったのですが!

あまりの天気の良さに、こんな貴重な晴れの日を、雨でも出来る町並み見学で終わらせていいのか!?という気持ちになってきました。

牛串を食べながら次のルートと天気を見てみると、明日からまたしばらく雨のようです。

山に行くなら今日しかないということに気づいてしまいました、、、

色々考えた結果、急遽このあと乗鞍岳に向かうことに!

山頂のガスり具合もここからじゃ想像できないし、登頂までの工程も多いしで、全てがギリギリのスケジュールだとは思いましたが、とりあえず行ってみなければ始まりません。

そうと決まれば急いで向かわなきゃと、牛串を食べてすぐ、乗鞍岳行きのバスが出ているという、ほおのき平に向けて出発しました。

飛騨牛で登山のスタミナつけていったみたいな感じになりましたね。

乗鞍岳登山!剣ヶ峰 権現池

岐阜県と長野県に跨る標高3000m超えの山、乗鞍岳。

この山頂付近にある、天空の池と呼ばれる権現池を見たくて登ることに決めました。

標高2700m超えの地点まで、乗鞍スカイラインという一般道が通っているので、乗り物で向かうことができます。

平成初期までは車やバイクで走れたらしいのですが、今は自然保護など色んな問題から、マイカー規制で一般車は入れないので、ほおのき平という麓のバス発着場から、専用のバスに乗って行きます。

貧乏旅には痛い出費ですが、それを遥かに凌ぐ魅力があるはず!

もうすぐお昼になってしまう、雲が山頂に被ってしまう前に早く登らなければ!!!

約40分、バスはぐんぐん上がり続けてものすごい景色です!

車窓からこんな景色を見る状況なんて、なかなかないはず。

高すぎて怖いくらいでした。

これは、自家用車が走れた時代、バイクで行くなんて怖くなかったのかな、、?

終点の畳平停留所は、2702mの標高日本一のバス停なんだそうです。降りたら12度で急に寒くてびっくりでした。

岐阜と長野の県境

この高さから登山が始まるので、3000m級の登山をお手軽に体験できると人気の山なんだそう。

そんなに登らずに高山植物の花畑を見れたり、駐車場の目の前で大きな鶴ヶ池という湖も見れます。

15分くらい登ると2つ目のきえずが池に到達しました。雪解けがエメラルドグリーンに輝くとても綺麗な池でした!

ここまでは道も整備されていて、歩きやすく、晴れてて気持ちいいし余裕をかまし、自撮りなんかして遊んでいるくらいでした。

しかし私の目指す権現池は最高峰、剣ヶ峰の頂上付近。

剣ヶ峰の登山口から急に道が険しくなり

後半はだんだん雲にまかれてきて、ガレ場の険しい道のりに絶句でした。

意味わからんくらいキツかった!!!!!!!

そうだよね、、、

いくらお手軽とはいえ3000mの山ってこうだよね、、、

クロックスでほいほい来るとこじゃないです(当たり前)

みんなちゃんと熊鈴つけてガチ登山装備です。

私の登り初めが遅かったので、下ってくる人とすれ違うばかりでした。

ひとりでハアハア言いながら必死に登っているところに、体験学習か何かの富山の中学生集団と大量にすれ違いました。

何百人からこんにちは!ってあいさつされて恥ずかしかった、、

元気にあいさつしてくれるフレッシュさ素晴らしいです。

そしてついにたどり着いた天空の池!!!!

これが見たかったんじゃー!!!!

下の池でも充分かもって少し思ってましたが、やっぱりここまで登って見る価値がありますね!

すごく綺麗!達成感!!!

ちょっと泣きそうでした。

ここから頂上まであと20分くらいだったのですが、目的はこの池だったし、写真を取り終わってすぐ雨が降ってきたので、ここで引き返すことにしました。

頂上まで行かないなんて何やってんだ!と今は思いますが、この時は本当に全く登山に興味がなく、目的の池を見るために登らないといけなかったから登ったまでのことだったのです。

登山をするようになった今では、乗鞍岳は素晴らしい山なので、もっとちゃんと楽しんどけよー!!と後悔しています笑

また行きたい。

何はともあれ、ギリギリ綺麗にみれてよかったです。

下山してるときは、小さな鳥がぴよぴよ何羽も目の前に飛んできて、かわいいなぁ、こんな高いところに生きてんだなぁ( ◜ω◝ )なんて思いながら見ていたのですが、

後から考えたら、あれ

雷鳥!!!!!

雷鳥は、夏場の標高2000m以上でしか見れない、キジ科のとても珍しい鳥です。

下のバス停で乗車券を買う時に、受付のおばちゃんが1人でこの時間から登ることに心配して色々と教えてくれたのですが、

この時期は雷鳥を見るために入山する人も多いよ、見れたらとってもラッキーだね。

と言ってたのを思い出しました。

かわいかったしすごく近くに来てくれたから何枚か写真撮ったのですが、あとから見たら全部ピント合ってなくて残念です笑

そのあとバス停に戻るまでの間に一気にどしゃぶりになり、全身びしょ濡れになりました。

ここまで天気がもってくれただけありがたいのですが、気温も低いので震えました。

ちょうどバスが出発するギリギリのところで戻ってきて乗車したのですが、時間を見たら、まさかの最終便でした!

非日常の景色にすっかり時間を忘れていて、時計を全然みていなかったのです。

あとちょっとでも寄り道したり、ゆっくりしていたら、地上に戻れないところでした。

それこそ頂上まで目指していたらアウト、、

もういろいろとラッキーなんだか危ないんだか( º﹃º )

戻りのバスの中では、普段動きたがらず体力のない私が、ここまで登山してこれたという達成感と、今までみたことのない、ものすごい景色をみれた高揚感でハイになっていました。

ほおのき平まで戻ると、どしゃぶりだった雨もなくすっかり晴れていました。

持ってきていたペットボトルが、気圧差でぺっちゃんこになっているのに気づいて、改めてとても高いところに行ったんだと実感しました。

この現象、飛行機でしか見たことない、、

さて近くのキャンプ場に行こうと、バイクに跨りいつもみたいに起こそうとしたら、足に全然力が入りません。

ハイになってて感じませんでしたが、身体はかなり疲労しているのだとびっくりしました。

自分で気づかないなんてそんなことあるんだなぁ。

アドレナリンってすごい。

しかしながら、本当に本当に、お昼、予定を変えてここに来てよかったです!

今日の私グッジョブ!!!!

今旅史上最高の充実感に包まれた1日でした!!!

素晴らしい景色と経験をありがとう、乗鞍岳!

平湯キャンプ場

ほおのき平からすぐ近く。

徒歩圏内に平湯温泉街があり、色んな日帰り湯があるので、乗鞍岳登山の拠点として良さそうな場所です。

ただここのバイク駐車場は土混じりの砂利で傾斜もあり、安定して停められる場所に落ち着くまでに何度も取り回しして、汗だくになりました。

残り少ないHPがさらに削られましたw

いい板も見当たらず、平らそうな石の上を見つけてやっと停めることができました。

スタンドパッドを携帯していたほうか良いですね。

温泉は、1番近くて大きな【ひらゆの森】の割引チケットがもらえたのでここにしました。

敷地がとても広く、廊下から浴場内まで全部畳でびっくりしました。

旅に出てから1番豪華なお風呂だった気がします。

下山してからずっとフラフラめまいのような感じで体調が悪く、入浴中少し危険を感じました。

お風呂あがってから閉館まで休憩所に座り込んで動けませんでした。

こんなの初めて。かなり無理していたみたいです、、、

しばらく横になるとだいぶ良くなったので一安心。

平湯も標高1302mのところにあるのでけっこうな山の中で、ここから真っ暗な中キャンプ場まで歩いて帰るのが怖かったので、彼氏様に電話しました。

戻ってからも、ここのフリーサイトはちょっと雰囲気があり、人も少なく怖かったので、そこからご飯作って食べて寝るとこまでずっと話しててもらいました。

まだまだビビりは治りません、、

しかしおかげで、あれだけクタクタだったのに、元気100倍になって眠れなくなりました!笑

岐阜県、本当に素晴らしかったです。

岐阜、長野、富山あたりの山々はレベルが違いますね!!

山に興味のなかったあの頃の自分でさえ感動で胸がいっぱいになっていたのですから、登山を始めた今はより魅力を感じます。

もう一度行きたいなぁ

次は、日本一周100名山の旅、なんてのもいいかも!

胸がいっぱい岐阜県登山から、次回は長野停滞編です!

それにしてもこの頃は毎日毎日、天気が悪い!!!( #`꒳´ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました