日本一周 長野で雨停滞編~素敵なライダーハウス山小屋ともしびでの3日間~

日本一周日記

こんにちは。こずです。

今回は日本一周18~20日目、長野県のライダーハウスでひたすらに閉じこもっていた話です!笑

雨でまったく走れない日が続きましたが、素敵な宿で楽しむことができました。

ライダーハウス温泉山小屋ともしび

乗鞍岳登頂で達成感にあふれ眠りについた翌日は朝から雨予報。

2日は丸々動けないであろうことはわかっていたので、前日の夜から停滞する宿探しをしていました。

前回までの旅の様子はこちら(登山きつかったよーーー)
↓↓↓

次の目的地は、富山県と長野県にまたがる、立山黒部アルペンルートだったので、富山のネカフェを調べて滞在することに決めていたのですが、朝出発前になんとなくもう一度近場を調べてみると、平湯から15分のところに1泊1230円のとても安いライダーハウスを発見しました!

長野県の上高地にある『ライダーハウス温泉山小屋ともしび』

現在いる岐阜県平湯と長野県上高地はちょうど県境あたり。

富山とは別の方向だしフライングで長野県入りしてしまうことになりますが、、、

とりあえず近いし安いし、停滞するならここだー!!ってことで朝から電話して、お邪魔させていただきました。

公式サイトはこちら
↓↓↓

雨停滞1日目:本州で味わえる北海道風ライハ

朝10時には着いたので、この日は宿から宿にワープしただけです。

着いた瞬間雨が降ってきたので、ギリギリセーフでした。

こんなに広いガレージと離れの大部屋にひとりです。

手作り感あるミニ温泉もついていて、24時間入り放題!

宿泊者以外でも1回300円で入れるので、地元の方や、登山帰りの方が入りに来ていました。

どことなく北海道のライダーハウスを彷彿とさせるテイストで、私には最高の環境でした!

この日は持ってきた食料と売店のカップ麺を食べて、ずっと大部屋に引きこもり、写真の整理をしていました。

雨停滞2日目:美味しいご飯と交流

この日も雨なので出発できません。

そろそろ麺以外が食べたい、、と思い、朝、連泊の手続きをする際に女将さんに近くにごはん屋さんはないかきくと、

簡単にだけど朝ご飯つくってあげるよ、と、とっても豪華な朝ごはんをいただきました!

本当はお金とるんだけど、特別にサービスするわよ、その代わり夜ご飯はうちのすき焼き食べんさいね、1000円じゃけ(女将さんは広島出身)

ってちゃっかり商売上手!!w

喜んでいただきます!!笑

てことで夜ご飯は豪華なすき焼き鍋!

この日はライダーさんが1人きて、大将と女将さんとお手伝いさんと、同じ居間でご飯をいただきました。

お酒を飲みながらいろんな話をしてくれる大将。

昔ながらの亭主関白感はあるけど優しい旅好きのおじいちゃん!

料理人でもあって、宿の料理もつくってるし、画家でもあって、絵を描きながら、キャンピングカーで日本を旅していたらしいのです。

このすき焼き鍋は大将手作り!

そういえばライダーハウスの大部屋にも、立派な絵がいっぱい飾ってありました。あれは全部大将の絵だったのかぁ。

北海道のライダーハウスが素晴らしくて感動したと言っていたので、やはりそこを意識して宿作りをしたのでしょうね。

じいちゃんばあちゃん家に食べにきたみたいで、初日と違ってすごくほっこりした2日目でした。

この日は女将さんが、さすがにあの大部屋に男性と1対1で一緒はしんどいだろうからと、奥の別の個室を使わせてくれました。

大将は、食べきれなくて残してしまったすき焼きを、明日の朝卵とじ丼にして食べなさいと、新しく食料をもたせてくれて、

おかげで翌日も朝からお腹いっぱい贅沢なご飯をいただくことができました。

さて日中は、1日調べ物をしたり、日記を更新したりとしていたのですが、本館のWiFiがライダーハウスまで届かないため、売店前のわんちゃんのいる軒下に座って作業をしていました。

そこにお手伝いさんが来て、のんびり外を眺めながら世間話したり、愛犬のそらちゃんと戯れたり、のんびりほんわかした時間を過ごして、束の間の休息という感じでした。

おかげで日記も写真整理もだいぶ進み、身体も回復しました。

雨停滞3日目:上高地のベスト拠点

3日目は週末だったので前日までとうってかわり、お客さんがたくさんです。

夏は、ツーリングライダーと、上高地へ訪れる登山客の拠点としても賑わうらしいのです。

名前の通り、山小屋でもありライダーハウスでもあるんですね。

上高地ってそんなに人気な観光地なんだなぁ。

(と、思っていたのに、上高地を観て回らなかった当時の私をぶん殴りたい。リベンジしたい。)

この宿のすぐ目の前には立派な足湯のある公園があり、夕方入りに行きました。

さわんどって温泉地なんですね。

ライダーさんもたくさん来たけど、本館の個室宿泊だったみたいなので、再び大部屋にひとりとなりました。

ただこんな山奥のひろーーい大広間にひとりで寝るってなかなか怖かったです。

昔ばあちゃんちで寝るのが怖かったことを思い出しました。

しかもこの時、京アニの放火事件が起きて、なおさらよく眠れませんでした。

私は京アニのアニメが大好きで、大学の卒論も京アニのアニメがもたらす地域活性というテーマで執筆し卒業したくらいでしたので、かなりショックでした。

あの本社にも訪れたし、周辺の大学の研究サークルや、そういった題材で論文執筆されている教授にお話を伺ったりもしました。

たくさんのファンの人達の思いや、京アニがもたらした地域への効果、またそれを地元民が暖かく歓迎している様子を肌で感じてきたのでなおさら、

普段テレビで報道される事件は所詮他人事って感じでなんとなくBGMのように流し聞いているにすぎなかったのに、

この事件に対してはびっくりするほど感情的に、言葉に出来ない、悔しくて、恐ろしくて、憎しみまで湧き上がるような、そんなザワザワした気持ちになりました。

得体の知れない変な、怖い?感情でザワザワして眠れないので、テレビつけっぱで寝落ちを待つ日々でした。

そう考えるとテント泊って意外と安心できているのかも知れません。

あの狭くて誰も入ってこない空間が意外と落ち着くのかも。

寝る前に女将さんが、スタッフたちでさっきおいしいメロン食べたんだけど、一人分余ったからあげる

と、届けにきてくれました。

とってもおいしいメロンでした!

もう、なにからなにまで良くしてくれて、本当にありがとうございました!!

余談ですが、キンチョーの蚊がいなくなるスプレーをテント泊で愛用しているのですが、

このひろーい大広間にも最初にシュッとやってたらめちゃくちゃ虫しんでました。

でかい虫もなにもかもみんなしぬ、、、

しにすぎてまわり死骸だらけで逆に気持ち悪いくらいでした笑

こんなに効いてるとは思ってなかった、すごいなキンチョー、、夏のキャンプには絶対にオススメです!!!

四日目の朝、やっと雨があがり、出発しました。

絶対にまた来たいと思える最高のライダーハウスでした!!

ほんとにまたリベンジしようと思うよ!上高地!!

次回はいよいよ楽しみにしていた立山黒部アルペンルートへ!!☆

コメント

  1. KOEM より:

    若くて可愛く愛想のいい美人さんは絶対得をするね。それも一人バイク旅なんてみんな興味津々。

    YOU TUBEから現在最後のこのブログまで一気に見ました。自分も車中泊で全国回ったけど

    その時のを思い出しながら一緒に旅してる気になります。無事に帰りつけてるからこの記事が

    あるので安心して見てられます。佐渡や礼文島まで行ってるなんてすごい!

  2. 太郎 より:

    まだ長野県内にいらっしゃいますか? 行路は存じ上げませんが、長野県のオススメを書きます。(たぶん20回近く行っています。)もし、情報が遅ければ、ご放念ください。

    場所)奈良井宿
    (江戸時代・初頭に整備された五街道のひとつ・中山道。開発が遅れた山奥がもっとも古い宿場町の情緒を残しています。その区間が木曽路であり、個人的な印象では、奈良井宿が一番古い町並みを保持しています。)

    江戸時代の情緒を感じさせる家々が、軒を連ね細長く続き、たしか全長は1キロ程あり、のんびり歩いて楽しめます。食堂や土産屋、そして、おしゃれなカフェも何軒かあります。営業時間はだいたい9-16時くらいですが、コロナで観光客が少なければ、変更はあり得るでしょう。

    スナック)五平餅
    奈良井宿に限らず、例えば、もっとポピュラーでにぎわっている宿場町・妻籠宿や馬籠宿でも食べることが出来ます。
    あまじょっぱい(甘くて、しょっぱい)味のタレがかかった焼きもちは、とても美味しいです。驚いたことに、タレは木曽路のどの店も自家製を誇っています。

    果物)シナノゴールド(黄色のリンゴ)
    味は甘さと酸味が程よく、果肉は硬め、素晴らしいリンゴです。長野県では、大ぶりのサイズが手に入りやすいです。
    県外でも、スーパーなどで流通していますので、他見へ移動していても、これから楽しめますよ。

    Kozuさんに、Good Luck !

タイトルとURLをコピーしました